TNサクセスコーチングの奥山美奈先生が、当院の研修に入られるようになったのは2009年のことでした。最初は、看護部管理職研修を担当していただいて、看護部長から主任までの役職の看護師に対してコーチングを主とした研修をしていただきました。研修を受けたスタッフの満足度が高かったこともあって、新入職員、プリセプター、臨地実習指導者、看護部リーダー、管理栄養士、事務科職員と、次々と研修対象を増やしていくこととなりました。気づけば、職員の半数以上はなんらかの奥山先生の研修を受けたことになります。それだけ奥山先生の扱う研修テーマのニーズがどの部署にも普遍的に存在すると感じています。

奥山先生の研修は①確立された理論・方法論に基づいていること、②実践的であること、③受講者の満足度が高いこと、④研修の経過・効果が可視化されていること、⑤実際に効果が上がり継続性・発展性があることにおいて、非常に優れていると思います。

まず①ですが、奥山先生は自身がビジネス業界での研修を受講され、医療業界より一歩進んだ、確立された方法論での研修内容を取り入れておられます。企業は病院より利潤を追求する組織ですから、より成果を求めて結果の出る研修を確立しています。医療業界より一歩先を進んでいるといえます。交流分析やエゴグラムなどの確立されたメソッドを取り入れていますので、精神論や経験則に基づいた研修よりも信頼感が高いと感じています。

②③ですが、奥山先生の研修は、グループワーク、ロールプレイ、動画撮影の課題提出など、実践的な内容が豊富です。どんなに崇高な理論であっても、聴いているだけでは実践できません。奥山先生の研修では、実践経験を豊富に積むことができる、また学んだことをすぐに現場でも活かせるので、受講した職員も、研修効果を実感でき満足度の高さにつながると感じています。

④ですが、エゴグラムのグラフであったり、課題の動画であったり、研修の経過・効果が可視化されています。エゴグラムのグラフを新人とプリセプターでオーバーラップさせると、接し方をどのように気をつければいいのか自然と見えてきます。課題を出された動画については、研修中に奥山先生によって細かくチェック・評価され、また受講者同士でのレビューもすることになります。また、継続することによって、傾聴やコーチングのスキルがアップしたことも画像で確認することができます。

⑤ですが、可視化されていますので、研修の効果も明確で、実際に効果が上がっていることが一目瞭然です。また、奥山先生が展開する様々な研修において、初歩的な段階から深く掘り下げた内容まで用意されているので、単発的な研修に終わらず継続することで、より高度なレベルのスキルを期待することができます。また、対象によってレベル設定を明確にされているので、新人の時に学んだ内容を、プリセプターになってより深く学べるといったように連動性があります。新人から、プリセプター、リーダー、管理職と連動させることによって、かなりの相乗効果が期待できると確信しています。

以上のような様々な魅力があるからこそ、小倉第一病院では奥山先生の研修をこれからも継続していくつもりですし、さらに研修対象や研修内容を増やしてお願いしようと考えています。